『ディズニーランド伝説のトレーナーが明かすミッキーマウスに頼らない本物の指導力』著者の町丸義之さんにJounetsu20大橋美雪がインタビューしてきました!!

Q1.20代の時に情熱を注いでいたもの、ことはなんですか?またその理由も教えてください。

A.(26歳まで)ディズニーの仕事に没頭していました。人材育成、後継者を育てることにやりがいを感じていました。それは、働いている人同士、またお客さんが自分の存在を認めてくれる環境にありがたみを感じていたので…。


Q2.今現在情熱を注いでいるもの、ことはなんですか?またその理由も教えてください。

A.今は仕事が講演に変わったけれど、20代と一緒で今の仕事(=講演)に没頭しています。
当たり前のことを普通にやっているだけ。ゲストに喜んでもらえるからやってきたことを講演にして伝えているだけなのです。


Q3.ディズニーの教えで『毎日が初演』という言葉がありますが、どうしたら毎日が初演でいられると思いますか?
 
A.「毎日が初演」というのは、ディズニー流の表現。
一般的に置き換えると「新鮮さを維持する」ということ。環境を常に変えて物事の視点を変えることによって、いつも新しい発見があります。


Q4.町丸さんの著書に『あきらめないで繰り返し続けること』と何度もでてきますが、町丸さん流の諦めないコツがあったら教えてください。

A.決められたことをやり続けること。

Q5.目標に向かって頑張っている今の20代に一言お願いします。

A.目標を持つなら能動的にかつ、定量的に。

町丸さん、ありがとうございました。